マルタでやらなくてもいいこと ネイル

f:id:sumekoza:20170623054250j:plain

写真はいつかのバレッタです。

 

マルタには多くの観光スポット、ビーチ、レストランがあり行くところはたくさんあります。でも中にはいかなくてもいい場所もあります。

多くの人が観光について書いてるので、こざぺーはあえてやらなくていいとこを今回は書いてみます。

 

こざぺーが行かなくていいと思った場所はダントツネイルサロンです。ネイル命な乙女たちには悲報かもしれませんが、あくまで個人的です。

 

最近マドンナの娘が気になって調べたり、「このはげー!」で一躍有名になった豊田真由子様のモノ真似を始めてしまうほど暇で廃人になりかけていました。そこで気分転換と意識高い系、できる女の指先を求めネイルサロンへいきました。

 

 

 

 

結果

流血。。。。。。。。。。。。。。

 

f:id:sumekoza:20170802230138j:plain

 

順を追って話すと、私がマルタでネイルサロンへ行かなくていいと思ったのはこんなことがあったからです。

 

アルコール消毒なし

爪の甘皮を取る時、余分な皮膚まで切られた、さらに流血、炎症痛い。

手入れをしてくれたお姉さんは、下手くそ。自分で下手って言ってたし笑

爪を削る時、傷口をえぐられた笑

全体的に雑。隅までジェルを塗っていない。

小さなストーンを付けてもらったけど、かえるの卵を連想する

日本人が器用だとちょっと感動した

 

 

ネイルの仕上がりはいまいちですが、廃人にならないために行ったんだから!行くことに意義があったんだから!とポジティブに考えてみました。

少しは輝きとりもどせたかしら?(輝いていた時があったかは疑問ですが。)

マルタでネイルサロンに行く際は慎重に選びましょう。

 

 

 

 

 

 

何度でも行きたいローマ トレビの泉、スペイン広場

マルタに来て日も浅いうちに、ローマへ行ってきました。

私にとっては3度目のローマです。

8年前イタリアを初めて訪れた私は、この街に限りなく魅了されました。

 

マルタからローマフィウミチーノ空港までは飛行機で1時間半の距離。

一人で行くのもよし、友達と待ち合わせするのもよし、マルタで友達を作って行くのもいいです。私はマルタで出会った人と行きました。

マルタから離陸してすぐにシチリア島の上空を通過します。いつかシチリアにも行きたいなーと考えているうちにローマ到着です。

この距離でローマに行けるのは本当に嬉しいです。

ただ、歴史に疎いのが残念な私です。

 

トレビの泉

細い路地をぬけると、美しい噴水と彫刻がある広場に出ます。

バロック時代最大の噴水、ローマ旅行の大定番です。

 

f:id:sumekoza:20170722221227j:plain

コインを1枚投げると再びローマに戻ってくると言われています。

ちなみに2枚だと好きな人と一緒に居られる。

3枚だと別れられるとか。

私は常に1枚投げるようにしています。

 

また、両側にあるジェラート屋さんも有名です。個人的にはトレビの泉の左側にある

ジェラート屋さんが好きです。お値段も5ユーロと高いですが、濃厚で美味しいです。

 

続けて、スペイン広場へ向かいます。

f:id:sumekoza:20170722221253j:plain

スペイン広場といえば、アン王女がジェラートを食べるシーンが有名な映画「ローマの休日」で有名です。実際は飲食禁止なので、ジェラートは食べられません。

 地元民の待ち合わせ場所、観光客の休憩所だったりします。見渡す限り、人、人、人。

ここでローマの休日を再現する方が多いみたいです。

私的にはスペイン階段にある石段に斜めに座り写真をとりセピア、白黒に加工するのがオススメだと思います。また、色が薄めのロングスカートを履いて写真を撮るとなお良いかと思います。

 

スペイン広場の良さは、この広い階段とその上に建つトリニタ・デイ・モンティ教会が2つがあって成り立っていると個人的に思います。このエリアはブランドのお店もおおく、買い物好きにはたまらないと思います。

また、スペイン広場から真下におりて歩いて数分のところにあるコルソ通り周辺は、

1〜3万円で良質なレザー製品が手に入るのでオススメです。ポーチなどはもっと安いです。お店に入った瞬間皮の匂いに包まれます。

誰とも被りたくないけどいいバックが欲しい人は、ここで運命の1つに出会えるのではと思います。

 

 

ショートパンツに屈した日 マルタの生活

マルタでは、6月の終わりから連日35度を超える日が続いています。

 

こざぺーは大学を去るタイミングでショートパンツ、ニーハイそして美人百花を

卒業したのでした。

働くようになった私の中でOggiこそがバイブルとなりました。

 

キレイめひざ丈スカート

センタープレスのパンツ

とにかくシンプルに!

長く着れ流行に左右されない!

軸になる服には投資を!

 

ざっとこんなポリシーを持つようになりました。

とにかく私はoggiの、

30代から始める品格ジュエリー、品のあるお仕事バック

こんな特集が組まれた月なんて、夢を見ているようで煽られっぱなしでした。

自分に合うジュエリー買わなきゃ!なんて常に考えていました。

 

あの頃はとにかくティファニーのエルサ・ペレッティへの憧れがすごかった。

品という言葉や表現への執着がすごかった。

よく言えばこだわり。

自分に自信をつけてくれるものこそ買わなくてはと信じてやまなかった。

 

そんな煽られ女子代表の生活がマルタにきて一変。

 

 服はお手頃なものを買う。

いい服は着ない。持っていかない。

カバンは普通のもの。

とにかく薄着。

 

日本で持っていたポリシーを一部捨てました。

ショートパンツに屈しました。

暑くてとにかく汗をかき、早く乾かしたい

熱中症になりたくないとの理由からです。

 

さらにこちらの洗濯機はクオリティーが低いため、生地が傷みます。

洗濯ネットに入れてデリケート洗いなんてできません。

大半の服も質は低いです。洗うたびに縮みます。 

さらにショッピングモールに入っている店は、

日本での高校生から大学生くらいの子が着るような服であふれています。

露出も多く、アラサー女にはきついのです。

もちろんお店を選べば大人の雰囲気の服を手に入れられます。

 

場所が変われば、優先事項も変わります。それは面白いですね。

しかし、ここでは書ききれないですが、服に対して悲痛な思いをしました。

ここにきてユニクロの優秀さを再確認。。。。

マルタに長期滞在される方は、ユニクロなどでお気に入りを幾つか調達するのがいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルタマジックが消えた マルタ留学のメリットとデメリット

マルタ来てイタリア気分でお勉強などと勝手に浮かれていたこざぺーです。

首都バレッタを強引に水の都ベネチアに置き換えられるおめでたい頭の持ち主です。

 

いざマルタにつき、マジックは早速消えました。

だってとにかく暑い。道にはうんこいっぱい。砂埃がおおい。

道路は凹凸ばかりなうえに、結構滑りやすい(場所にもよる)。

転びました。人前で。

転んだと騒ぐと、妹から「あんたの人生そんなことで騒ぐくらい、

何もなかったの?」と辛辣な言葉をいただき、騒ぐのをやめました。

 

本題ですが、私が現在思うマルタ留学のメリットは以下の通りです。

 

英語:いろんな国の人と話すため、多少クセのある英語も理解できるようになる

   英語を習うだけなら、イングランドとかアメリカに行った方がいい気がします。

生活:物価が安い。徒歩で通学が可能。レストランのご飯、ワインが美味しい

娯楽:すぐに海に行ける。近隣のヨーロッパやアフリカの国へ旅行に行ける。

 

逆にデメリット配下の通りです。

英語:訛りがある。特に夏、出稼ぎに英語を教えに来てる先生もいる。

生活:暑い。バカンス気分が抜けない。ほとんどの人が洗濯は週1。

娯楽:島が狭いから、すぐ飽きる。夏だと海外航空券は安くない。

 

個人的には、道路の砂埃がひどいため、スニーカーを愛用しています。

サンダルはあまり履いていません。以前足の裏の黒さにドン引きした経験がトラウマなのです。

しかし、スニーカーなんて持ってきてないという人もいるので、

これは人によりますね。

洗濯や水事情も慣れてしまえば特に問題はないかと思います。

 

マルタは総合的に英語を習うなら、適していると思います。

ここら辺はまた考え方が変わるかもしれませんので追記していこうと思います。

 

 

なぜマルタに留学するの? フランス人旅行者にまで聞かれる

マルタに語学留学すると決めた時、いろんな人から

なんで?イタリア語習うの?

こんな感じの質問を受けました。ついでにこっちへ来てからバスで話しかかけてきたフランス人女性にまで、どうしてイングランドへ行かないの?と聞かれました。

マルタの公用語は英語とマルチーズです。

 

私がマルタを選んだ理由はいくつかあります。

1番の理由は治安の良さ、留学費用が安さが挙げられます。

 

私は当初アメリカの東海岸への留学を考えていました。

とりあえず留学する初めの一歩として、留学エージェントに話を聞きに行きました。

エージェントの留学説明会に予約をし、会場へ行き簡単なアンケートを記入しました。

興味がある国について、なんとなくマルタにもチェックを入れました。

今思えばこれがマルタ留学の始まりだったと思います。

その日はアメリカの留学費用の見積り作成をお願いして帰ってきました。

 

後日アメリカの留学見積りを貰った瞬間

 

f:id:sumekoza:20170625051056j:plain

無理〜!!!!こんなお金かかるのか!!これにプラス生活費でしょ?状態になりました。

日本人が多い地域はあまり行きたくないという気持ちもありました。

それに比べて、マルタ留学の見積もりは3/5、4/5くらいの費用で行けたのです。

物価もヨーロッパの中ではそこそこ安いです。

またエージェントの人にマルタの風景を見せてもらった時の写真の美しさに

魅せられて即決しました。

首都バレッタが、イタリアの人気都市ベネチアに見えたのです。マルタにはイタリアが支配していた時代があり、文化もかなり入っているようです。

マルタマジックにかけられたとでも言えばいいんでしょうか。

イタリア好きの私は、イタリアの雰囲気の中で英語が勉強できるかもと浮かれておりました。

 

後日このマルタマジックのせいでいろいろ後悔することにもなるのですが。。。。

 

 

 

地中海の国マルタにやってきました!

f:id:sumekoza:20170621041741j:plain

 

少し前からマルタにおります。

8月まで滞在します。

早くも味噌汁が恋しいこざぺーです。

 

『マルタへ行く』というと

どこ?イタリア?と聞かれることが多いです。

地中海に浮かぶシチリア島の南に位置する小さな国です。

 

海はとても綺麗です。建物も歴史を感じます。歴史も古いです。

夏の海が好きな人にはたまらない国でしょう!

英語の海外留学先として年々人気が出ているみたいです。

わたしも英語習得のためにやってきました。

 

上の写真はマルタの首都バレッタになります。

ここに来てまだ日も浅いですが、早くも

マルタのいいところ、マルタのなじみにくいところ(かなり個人的)が見えてきました。

また書いていきたいと思います!

 

ドコモ「スグ電」を聞いて思い出したこと

こざぺーはドコモユーザーです。

そろそろスマホを変えたいころです。

ドコモのサービスって魅力ないなーと思い続けて数年。

そろそろ格安スマホに乗り換えたいところ。

 

先週yahooニュースに出ていたじゃあねで会話終了する「スグ電」。

そんな機能いらんだろー!それじゃない感が半端ない!

電話、メール、ネット最低限のものだけ揃えるシンプルなケータイでいいのに。

一体誰が決定したのかしら。おじさまたち?

 

こんなことを思い出しました。

その昔、こざぺーが新卒で入った素材メーカーのとある会議の出来事です。

テーマは、「天下の化粧品メーカーと取引がしたい!」でした。

以下おじさま上司たちのお話になります。

 

かっこ内は、その場にいた若者の声です笑

 

A: アポイント取ったけど何持ってけばいいかなー?

    なんかいいアイディアない? 

(↑決めてからアポ取ったら?)

 

B:素材(野菜、ハーブのパウダーやエキス)は効能、成分聞かれるからなー

 決まれば、すごい量動くからなー

  (普通知ってるよね?こういう取引決められる人はもっと

   慎重ではありませんか?本当に自社製品売りたいの?)

 

A : そーだ!色々混ぜてスープにしよう!

 (なんで?そのメーカー様は食べ物に力入れてないですよ?

  求める前に相手のことをよく調べましょう。

  きっと興味があるのは美容成分くらいですよ?)

 

B:今月はスープで決まりだ!(勝手にしてください)

 

C:いいですね!(C、おまえもか!)

 

なにか意見を言ってもかき消される雰囲気でした。

結局おじさんたちの勝手な取り決めで、会議は終わりました。

その後もちろん天下のメーカー様との取引などありませんでした。

 

勝手な想像ですが、

ドコモの「スグ電」の話しを聞いた時、

昔の思いつきおじさん会議のことを思い出し

この件も、おじさんたちの自己満足で成り立ってるのかなと考えてしまいました。

日本はこれから先、人の話に耳を傾けられる

すてきなおじさん増加計画でも打ち出してくれたらいいのに笑