sumekoza’s diary

気ままに書きます。旅行、洋裁、食べ物、などなど

須賀敦子が好き、だからイタリアに憧れる

連休がスタートしましたね。

前回の記事でポテチ依存を克服する記事を書きましたが、その後どうなっているかというと、食べる量は減りました。

これまで1日一袋から、1袋を4日かけて消費するくらい減りました。咀嚼音を聞いたり、自分が噛む音を意識して食べています。

はじめからポテチを断つことは考えず、少しずつ減らそうと思っていたので成功です!

 

今日は私が好きな本について書きます。

須賀敦子 地図のない道

bookmeter.com

 

このエッセイはベネチアが主な舞台です。

著者の須賀敦子は20代、30代をイタリアで過ごした文学者で、イタリア文学の翻訳と自身のエッセイで有名な方です。

社長令嬢でカトリックの学校へ通っていたなどなかなのバックグラウンドを持っていますが、この時代に結婚にこだわらず留学、勉強したいという自分の生き方を追い求めていた姿は素敵です。

 

ベネチアというと水面がきらめきゴンドラが行き交う海と、そびえる中世の街並みをイメージがあると思います。この本を読むとそれはベネチアの町のわずかな1面でしかないのだと気付かされます。

常に、そこへ住んでいる人間や生活に触れた話が書かれていて面白いのです。

中世からローマ、ベネチアで迫害されたユダヤ人、インクラビリ(死を待つ状態の)と書かれた橋を通り、病院とは違う死を待つ人が収監される病人の家の存在を知ったり。コルティジャーネ(娼婦)の存在意義について考えてみたり。

または夫を失ってからはじめの夏に訪れたリド島で過ごした時の心情や、一緒に過ごした友人インゲの半生に触れてみたりします。

 

うまく書けないのですが、1960年代、それ以前にイタリアで生きた人たちの様子がとてもイメージできますし、自分に染み込んでくるのです。それが心地いいです。

 

須賀敦子がみたイタリアを少しでも感じてみたい!そう思うとイタリアに行きたくなるのです。私は何度もこの本を読んでいますが読みたりないです。

観光地から離れたところが舞台となることもあって、なかなか訪れるのは大変なんですよね…薄くて持ち歩きやすいです。ぜひ読んでほしいオススメの1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットに使えるかも? ポテチ依存な女 脱ポテチに有効だった咀嚼音

最近ポテチ依存症という言葉を知りました。

ポテチがやめられない人、ポテチを食べることが快楽と感じる人が実は結構いるとか

 

ポテチ依存症の特徴は

①ポテチを常に常備している

②開封すると1度に食べてしまう

③週に何袋か食べてしまう

④夕飯をしっかり食べた後にポテチを食べる

⑤ポテチを夕飯代わりにしてしまう

 

以上5つがポテチ依存症の特徴らしいです。

私の代名詞ってくらい一致してます笑。1年くらい前から、週に何袋か食べてますし、ここ最近は毎日1袋食べてました💦

特にカルビー ポテリッチ絶品うま塩味は愛すべき1品です!

でもこれって結構ヤバイ状況かもと思い、ポテチがやめられないとグーグル検索したところ、先のポテチ依存症という言葉を知ったのです。

私の症状は序の口かもしれませんが。

 

なぜ、こんなことになったかというと、これまで私は食べても太らない体質だった&食品会社にいていろんな食品を食べる機会があり、ポテチの味を研究することも仕事!な環境にいたため、毎日ポテチに囲まれ、消費していくことに違和感が全くなかったのです。

 

自分にヤバさをかんじた私が、脱ポテチ依存のために行ったことがあります。

 

はじめはレタスと一緒にポテチを食べることにしました。

早い段階でお腹がいっぱいになるため、ポテチ自体の摂取は減らすことはできました。ただ、ポテチ自体をやめるほどの効力がないのでやめました。

 

次に飽きるまで食べることにしました。これも1時的に有効ですが、すぐにポテチが恋しくなり食べる量は変わらず逆効果でした。

 

最後に有効だった方法がこちら

www.youtube.com

 

ポテチを食べる咀嚼音を聞くことでした。

ヘッドフォンをして、自分が食べてる時と同じ大きさくらいの音量で咀嚼音を聴くと、なんだか満足できました。自分が食べているような気がします。

 

食事には噛む音が重要なのかもしれない。調べてみると、アメリカで行われた咀嚼音と摂食量の研究が出てきました。この研究は自分が食べている時に発生する咀嚼音を意識すると書かれているので、単に咀嚼音を聴く私のケースと一致はしませんけど。

www.cosmopolitan.com

 

もしかしたら、咀嚼音は食べ過ぎを防ぎダイエットに1番有効な要因なのかもしれないですね。

 

 

 

 

人生初の冷蔵庫購入、機能が素晴らしすぎて選べなかった

先日冷蔵庫を一新しようと決め、家電メーカーへ向かいました。

 

私は、何事も選ぶまでは慎重なのに、使い始めたら購入時のこだわりとか心配事なんて全て消えてしまう人間です。

これまで家電全般そうでした。使っていれば日常に馴染むわ〜なんて考えていた私は甘かった。

だって、各社とても素晴らしい技術を持っていたから。

以前トイレの記事でも書いたのですが、私メーカーの技術とかノウハウとか考え方にえらく感動してしまう人間でして笑。

 

sumekoza.hatenablog.com

 

調べて、どの技術が自分の生活を楽にしてくれるのかわかってから買おうという結論になりました。

 

私は実家にいた頃は家電に興味がないし、一人暮らしの時は貰い物使ったし、今の例倉庫は夫が持っていたものをそのまま使用していて、冷蔵庫を自分んで選ぶなんて人生初の体験だったわけです。大げさですね。

 

そこで、各メーカーの良い点を抜粋して自分の希望と合うか?で選びました。

ちなみに私の冷蔵庫選びの最重要ポイントは「野菜の鮮度を維持できること」です。

 

各社の技術の売りは以下のとおりです。

SHARP

プラズマクラスター付きで清潔、食品の鮮度を守れる(水分保持、腐敗を防ぐチルドルーム)野菜室→水分の低下を抑える構造?。

 

TOSHIBA

潤い冷蔵、急速冷凍可能でおいしさ維持。

つみたて野菜室→ 野菜室でミストチャージ(結露はさせない)、1週間経っても摘みたての鮮度と、おいしさを維持。エチレンガスを分解。

 

Panasonic

7 days パーシャル→ 作り置きしたご飯、下ごしらえした肉などを7日間保存できる。

野菜室→野菜の鮮度を1週間保つ。

 

HITACHI

真空チルドルーム→0.8気圧で保たれ、食品の酸化防止

新鮮スリープ野菜室→CO2濃度を高め、野菜の気孔を閉ざし眠るように保存

 

MITUBISHI ELECTRIC

氷点下ストッカー→肉や魚を冷凍せずに、長持ちさせる

切れちゃう瞬冷凍(−7℃)→肉や魚が凍ったまま切れる、はがせる

朝どれ野菜室→3色LEDで光合成を促進、栄養素を増やす。

 

なんだかどれも素敵です。

価格に応じて、どの機能が付いているか変わってきますので、自分が何を大切にするかを絞っておくと良いですね。

 

私は野菜室重視なので、日立、三菱、TOSHIBAから選ぼうと思います。野菜室に力を入れているメーカーはどこも栄養素アップ、野菜の甘み増加などパンフレットに書いてありました。

各社こんなにライバルがいるなか、自社製品の価値を上げるべく戦ってますね。Panasonicのパーシャルフリージングなんて思いついた人すごいですね。

次にどんな機能をもった冷蔵庫が出るか楽しみです!

マルタでよく買ったスープと化学調味料の話

本日の話は、化学調味料の話になります。

 

マルタで留学をしていた時、自炊のためによくスーパーへ通っていました。

特に食品は各国のトレンド、嗜好が現れます。

私がよくお世話になったのはクノールのスープです。

このスープおいしいんです。トマト味が1番おすすめです。

日本のトマト味より酸味がマイルド、そして、溶けにくい。

バジル、オレガノが入っています。

 

f:id:sumekoza:20180408204026j:plain

パッケージの隅に自然なのが一番だよねってニュアンスで「Great Taste is in our Nature」と書いてあります。

さらにその下には「Free from -added MSG, 〜」

MSG(グルタミン酸ナトリウム;味の素)、合成着色料、合成保存料入ってませんと書かれています。

 

ヨーロッパではグルタミン酸ナトリウムとか、俗に言う添加物を気にする人が多いらしく、食産業も敏感です。

一方、日本は昔からかなりの食品にMSGが使われていますね。今はナチュラル志向も増えてはいますが。

 

マルタで食事をしていると、日本人の中には「コクが足りない!」と感じることがあるみたいです。コクが足りないと言っている人はチーズをバッサリトッピングして料理を食べていました。

チーズにはうまみ、こく味成分が含まれているので、なんだか理にかなっていて面白いな〜なんて見ていましたが。

確かに、マルタのご飯は味の余韻がないというか、わからなくはありません。

個人的には、日本人がコクが足りないというのは、味の素のうまみに由来していると思います。昔から日本人の多くのが発酵食品のうまみ、MSG入りの食品のうまみを経験していますから。

食品中の表示では調味料(アミノ酸等)と書かれています。

小さいころからMSGの味に慣れていたら、MSGを使わない国の料理に物足りなさを感じても不思議ではないと思います。

 

ちなみに私は、安価な値段でおいしいものが食べられるのはMSGのおかげだと思っていて、入っていても気にしません。

 

私の海外で面白いと感じた食経験の話です。

 

 

 

 

私が好きなYouTuberについて 親が子供になってほしくない職業らしい

先週末から桜が咲きはじめました。

いつ見ても綺麗です。

桜の花は咲いてる期間が短く残念ですが、これから木々の緑が濃くなり生命力みなぎるというか、そんな季節が来てくれるのが嬉しいのです。

f:id:sumekoza:20180329003143j:plain

 

話は変わりますが、YouTuberって親が子供にさせたくない仕事としてダントツなんですね。私が子供のころは動画を撮って投稿する仕事なんてなかったため、

こんな仕事もあるんだな〜なんて思っていました。

知人の子供も将来なりたい〜なんて言ってお母さんにダメよ?と言われる、

そんな光景を見たことあります。ヒカキン、はじめしゃちょーなんて子供に大人気ですからね。憧れる子供がいても不思議ではないと思います。

 

news.nicovideo.jp

 

親が子供にYouTuberになってほしくない職業としてダントツなのに対し、中学生には人気の職業みたいですね。確かにくだらない動画をアップしている人も多いですからね。

食べ物を粗末にしたり、ブランド物を買い漁ったり、物を破壊したり、ヤンキーに喧嘩を売ったりする動画はつまんないし、レベル低いな〜って思います。親が反対する理由もわかります。

 

でも趣味をつきつめたり、自分にできること、特技をわかりやすく放送できる素敵なYouTuberもたくさんいます。最近はまっているのが下の三人です。

 

私のお気に入りのユーチューバー、1人目は吉田ちかさん

blog.livedoor.jp

テイラースウィフトの曲「Look What you made me do」をビデオテープになりきって歌いつつ、どういう意味合いで使われているかを解説したり、

そこにテイラーがカニエウェストやケイティーペリーなどと繰り広げたバトルの背景も解説されてて楽しいのです。

www.youtube.com

そのほかにも、日常で使える英語を多く放送してくれて勉強になります。

 

続いて2人目!名前は知りません!

www.youtube.com

政治や歴史問題から日頃のニュースまで幅広く取り扱っているイメージです。朝日新聞(時々毎日新聞も)を盛大にディスっています笑。日本を代表するエンターテイメント紙呼ばわりでからね笑。マスコミの報道のおかしい点や本来のあるべき姿勢を語っていて好きです。

 

最後3人目!気まぐれクック 

www.youtube.com

かねこというお兄さんが釣りをして、自分でさばいて料理したり、

漁港でサメやエイを手に入れ料理したり、その捌き方が見事でなかなかやめられません。サメのお腹の中ってこんななの?とか発見が多いです。続きが気になって気がついたら時間が経っているというか。

さばいていくっ!とか、銀色のやつ(スーパードライを飲むときの決め台詞)!という決め台詞も面白いです。

 

私がこの3人のYouTuberが好きなのは、趣味をきわめてたり、自分にできることを情報や見ていて楽しいという形でほかの人に提供しているからです。

嫌な気持ちになることもなく、もっと見たい!聴きたい!って思うのです。

私の好みもありますが、作り込んでいて質が高い印象を受けます。この方たちは他の仕事をしていても、評価が高いと思います。

 

自分は子供にYou Tuberになってほしくはないけど、この3人のクオリティーのチャンネルが見られるなら、将来反対しない!(はず!)

 

 

何度でも行きたいローマ コロッセオとフォロロマーノ

コロッセオの記事を書いたのに、2度も間違えて消してしまいショックでした。

でも思い出しつつ書いてみます。

f:id:sumekoza:20180312231542j:plain

写真はフォロロマーノ、パラティーノの丘を経由してコロッセオへ向かう時に撮ったものです。

 

メトロB線のコロッセオ駅で降りて、チケット売り場へ向かいます。

コロッセオとフォロロマーノそしてパラティーノの丘は12ユーロの共通券を購入して入場できます。3つのどこから入っても、どこの窓口でも共通券を購入できます。

ラティーノの丘とフォロロマーノコロッセオと違い、チケットを買うのに1時間も待たなくてよいです。パラティーノの丘 > フォロロマーノ >コロッセオの順にチケットを買いやすいと思いますよ。

 

私はフォロロマーノ → パラティーノの丘 → コロッセオ

の順に見学しました。

 

f:id:sumekoza:20180312231627j:plain

f:id:sumekoza:20180312232749j:plain

上の写真がフォロロマーノの入り口へ向かう途中の道、

下の写真はフォロロマーノの全体です。

ここは昔の政治の中枢であり、政治的な活動のシンボルとしてローマに君臨していたそうです。

f:id:sumekoza:20170722221113j:plain

f:id:sumekoza:20170722221111j:plain

f:id:sumekoza:20180312232756j:plain

奥に進むと日陰でスケッチをしている人が多いです。

いたるところに、過去には大事な建物や象の一部であったであろう大きな石が転がっています。

 

私は歴史には疎いですが、この遺跡ローマの空の青さ、太陽の日差しの強さの組み合わせがとても美しいのでそれだけで大好きです。絵を書きに来ている人もそういう人がいるのではないかと勝手に思っています。

 

続いてパラティーノの丘に向かいます。フォロロマーノに面した上り坂を登っていきます。途中ローマの街を見渡せるスポットがいくつかあります。自撮り棒を持っていると楽に写真が撮れるのでお勧めです。

 

ラティーノの丘には博物館やかつての競輪場の跡が見られます。

 

そのとはコロッセオへ向かいます。

f:id:sumekoza:20180321210638j:plain

 

コロッセオは券を持っている人ともっていない人で並ぶ列が違います。

そのため、フォロロマーノ、パラティーノの丘でチケットを買っていれば、並んでいる人を横目にすいすい、入れます!

f:id:sumekoza:20180321210737j:plain

コロッセオのは周辺も中も人がとても多いです。

ここは古代、地上の丸く囲われた岩場みたいなところで剣闘士を戦わせたり、獣を戦わせてた場所です。同時に周りをローマの群衆が囲って、娯楽でもあったらしいですが。

群衆のガス抜き的な役割もあったみたいです。

私個人の感想では、コロッセオは外から見たこれぞローマというインパクトのほうが大きい気がします。ここで生き物が殺し合いをしていたと思うとなんだか楽しめなかったんですよね。私にとってコロッセオは、外からみたアーチ型の入り口があるあのドームというのがすべてな気がします。

他の方がどんな感想を持っているか知りたいです。

私の友人もここへ入るとなんだか話す気がなくなってしまうみたいです。

 

フォロロマーノ、パラティーノの丘、そしてコロッセオはとても人気な場所で多くの方が訪れる場所ですが、特に夏場は強烈な日差しでめちゃくちゃ暑いです。

日焼け止め、帽子、サングラスは必須です。そして長居しないのがおすすめです。

特にフォロロマーノは暑すぎて、歴史とかどっちでもよくなっちゃうくらいです笑。

 

 

 

 

デスパレートな妻たちが楽しすぎる 

先週までとどめの接吻が楽しみで、日曜が待ち遠しかったのに、今秋になって全く興味がなくなってしまいました。

デスパレートな妻たち シーズン3が再放送されていて、そちらに夢中になったことが主な原因で、彼女たちの毒の効いた会話が楽しいです。実際は殺人や嘘が渦を巻いていて、ウィステリア通りは恐ろしい住宅街には違いありませんが。

 

例えば、ブリー(中央)の結婚式の日に、夫となるオーソンの前妻(行方不明)の遺体が発見されたという連絡が入り、ウエディングドレス、タキシード姿で遺体と対面しに行きます。結局前妻ではなかったのですがそんな展開あります?

ひき逃げ、隠し子発覚、新しい恋、離婚協議…それぞれの家庭荒れすぎです。

 

デスパレートな妻たち シーズン3

番組詳細|ディーライフ/Dlife 見逃し配信|全国無料のBSテレビ局Dlifeの無料動画配信サービス

 

女の嫉妬や見栄って外野から見ると滑稽で楽しかったりしますよね。このドラマはそういう部分も、うまく盛り込んでる気がします。嫌な女、悪い女、ヒステリックな女、せこい女いろいろ登場します。もちろん悪い男も、嫁、姑、元カレとか話題に事欠かないです。

 

話は変わりますが、私はこのドラマに助けてもらったことがあります。

昔某アパレルで働いた時、休憩室は絶えずその場にいないスタッフ、接客した客の悪口大会が繰り広げられていました。店長はそれを知りつつスルー状態。

主催者は少し社内ランクが上の準社員主婦たちで、その取り巻きのアルバイトが楽しそうに話に乗っかっていました。

そして、スタッフの教育をまともにしないくせに売り場では一人前を要求します。教えてもらってないことはでできなくても仕方ないのにキレます笑。

私は教えていないことはできなくて当たり前だと思います。一人の人間に1つの仕事を完璧にこなしてもらうまでに時間と労力がいりますから。管理職のレベルでその覚悟がなく手間を欠いた会社だったと今では思います。盗んで覚えろとか、見て覚えろなんて教育ではないしそれが通用する時代じゃないと思います。

店長がシフトの変更を勝手にして、スタッフへ確認をせず、売り場が回らなくなったことがあっても、そのスタッフをが時間を確認せず悪かったと決めつけるなど散々でした。自分より先に昇格試験を受けた人が気に入らないと、仲間外れにしたり。自分が選ばれない理由をよく考えてくれって感じでした。

 

私は最初の頃、この厄介な主婦と取り巻きがストレスでした。井の中の蛙という感じで。しかし、デスパレートな妻たちみたいなドラマを見てる感覚で接したら苦にならなくなりました。実際のデスパレートな妻たちには、家族愛や感動や友情がたくさん盛り込まれてますが、それを差し引いた感じで見てました。

このアパレル、私は早々に去ったので今はどうなっているかはわかりません。

売り上げ下がってるとニュースには出ていました。

 

デスパレートな妻たちに救われた経験でした。