高価な服より自分に合う服。私がユニクロ回帰した理由。

今月はoggiを買わないことにしたこざぺーです。

大人路線で魅力的だった雑誌oggiですが、特集のテーマやコンセプトに違和感を感じることが多くなりました。なんだか着にくそうな服が多いですし。なんていうか、自分の好みじゃなくなったという感じです。

 

最近着る服へのこだわりがまた変わってきました。

働いて数年はお値段の高い、それこそoggiに掲載されるような服やブランドに注目することが多かったのですが、最近ユニクロの服を着る機会が再び増えてきました。

 

自分のサイズに合う服を着ることが1番大事だということを感じるようになったからです。私の服にまつわる失敗談にこんなことがあります。

 

以前マーガレットハウエル(MHL)のシャツを購入した時の話です。

www.margarethowell.jp

マーガレットハウエルといえば、着心地、生地が丈夫で長く使える、シンプルで着回しできるなどなど高評価なブランドだと思います。

お店に向かい、シャツを試着しました。オーバーサイズな感じで作られており、少し自分には大きいと思いましたが、店員さんに「少しオーバーなのがいいんですよ。普通ですよ。」なんて言われて買ってしまいました。

しかしそれから先、このシャツを着る度布が余って凄く不快で、全く着なくなりました。あの時迷ったのは、自分サイズじゃないって頭のどこかで思ったんでしょうね…

いい服でも、自分に合わなけば着る度にストレスになるんですよね。

 

身長の低めな私はきれいに着られる服が限られています。

もともと緩い感じのファッションは好きではなく、昨今多く出回っている

ざっくり、ロングなどの形容詞がついたアイテムはほとんど着られません(^-^;

その点ユニクロのSサイズ、Mサイズは体にフィットして安心して着られるものが多い気がします。

 

高い服より自分に合う服を着たほうがいいですね

 

ただ、MHLの服はとても丁寧に仕上げられています。縫い目を見るとすごく美しいです。ストライプシャツは胸ポケットと前身ごろのストライプ柄がずれないよう調整されポケットが縫い付けられています。サイズが合う方、シャツにこだわる方にはぜひ着こなしてほしいです!

ちなみに、無印良品の服もマーガレットハウエルがデザインしているらしいので、私はそっちも挑戦してみようと思います。