sumekoza’s diary

気ままに書きます。旅行、洋裁、食べ物、などなど

甘いバレンタインの苦い思い出

f:id:sumekoza:20180209015237j:plain


バレンタインって女性も男性も落ち着かない日ですね。

 

私は学生の頃は友達同士でチョコレートを交換することが多かったです。

私にも男の子にチョコレートあげた経験があり、これがまた笑える思い出です。

 

私と友達は、私が気になっていた男の子に「四分の1」というあだ名をつけて、本人にバレないようにクラスで会話していました。ばれてたみたいですが笑。

 

その男の子は物静かだけど話すときははっきりしていて、やんちゃな連中と騒いでたと思ったら、次の日には眉間にしわを寄せながら「罪と罰」を読んでる不思議な人でした。

なぜ四分の1なんてあだ名付けたかというと、彼には仲のいいお友達が3人いて、よく四人でつるんでたからです。だから単純に1/4になったのです。

 

数学の授業で彼が質問に充てられ、答えに1/4が出てくるとクラスの半分が笑いをこらえたりして楽しい時間でした。

友達もあえてお菓子を4つに分けたりして、これ4分の1だね~なんて大きい声で言ってきて笑い転げていました。

 

そしてバレンタイン当日、気になる四分の1にガトーショコラを渡して、

仲良くなりたい!くらいのことを言ったと思います。恥ずかしくてすぐ友達のとこへもどりました。

 

その後、四分の1とはちょっと話すくらいの関係にはなったけど、大した進展はありませんでした。

 

実はチョコを渡した後で、気が付いてしまったのです。

私と友達は四分の1って騒いでる時間が楽しかったんだと…

なんか自分は残念な女だなって17歳ながら思いました(-_-;)

 

今でも高校の友達と話しをするとこの話題が出ます笑

ごめんね四分の1。でもあのチョコでうるさかった私たちのこと許して…